“足立で老後をすこやかにすごすために”

「自由の広場」に39人が参加

切実な医療・介護の現状を交流しました




 2009年5月17日の「あだちコミュニティ・フォーラム21」が主催した「自由の広場」パート5のつどいには39人が参加し、高齢者に必要な医療や介護の施設の状況や相談ごとが出てきたらどうするかなど切実な質問や意見が交流されました。


右は千住の郷の長島さん
左は石川会長



●お二人の専門家から医療と介護の現状を話していただく


 当日は、老健施設「千住の郷」の長島喜一所長と千住西・地域包括支援センターの小高顕義管理者のお二人が来て下さり、皆さんの質問や意見に丁寧に答えて頂きみんなが元気に長生きするために努力していくために、こうした話し合いをもっと積み重ねていくことになりました。


小高さん


今後もひきつづきこうした企画をすすめていく

「フォーラム21」は、誰でも自由に話し合うための場であり、参加者の希望や意見にもとづいて、今後もひきつづきこうした企画をすすめていくことになりました





ホームページのトップへ戻る