http://adachi21.com
みんなで暮らしやすい明日の足立をつくるために
 あだちコミュニティ・フォーラム21は、足立区にお住まいの方、お勤めの方、あるいは足立区に何らかの関係や関心を持っている方などが、意見を交換しあい、情報を共有するための「自由広場=フォーラム」です。
お待たせしました。わたしたちも応援する「あだち・荒川土手に桜を植える会」のホームページが立ち上がりました(2006年3月1日)!下記をクリックしてご覧下さい。
(「あだち・荒川土手に桜を植える会」)
※あだち・荒川土手に桜を植える会で検索してもヒットします。


「自由の広場」 パート 7 へのご案内
テーマ 「足立の色々な住民運動から学ぶ」

日時:2011年10月2日(日) 午後2時〜午後4時
場所:学びピア 5階 第1研修室


お話 

 (1)荒川土手に桜復活の活動、第一歩 178本の植樹
     あだち・荒川土手に桜を植える会長 西村 公弘さん 

 (2)千住関屋町にコミュニティバス「はるかぜ」を誘致して
     千住関屋町町会会長 小田 修さん

 (3)差別なき戦後補償を求める東京大空襲裁判に加わって
     竹ノ塚第一団地自治会会長 足立 史郎さん

 (4)住民参加の文化運動「歓喜の演」の10年
     足立区演劇連盟事務局長 山下 芳子さん

 (5)東日本大震災、足立からの支援活動に参加して
     すこやか福祉会・グループホーム「みたけ」
     介護福祉士 御代田(みよた) 祐介さん
 


 主催 あだちコミュニティ・フォーラム21
    お問い合わせ Tel 3853−2978 (川口)へ
>>>こちらから「自由の広場」−パート7の案内チラシを見ることができます。 (pdf 299 Kb) (11/09/04 掲載)



「自由の広場 パート 6」
テーマ 「足立に5つの大学!
まちづくりと大学連携を考える」


日時:2010年 4月25日(日) 午後2時〜午後4時
場所:学びピア 5階 第4研修室


お話 「千住が変わる足立が変わる」  (講師) 宮本 博之さん (足立区政策経営部政策課長) 

 足立区×5大学
 帝京科学大学が今年の4月から開講し、4つ目の大学となりました。24年には専売公社社宅跡に東京電機大学東京千住キャンパスが開講し5大学がそろいます。
◆地域や区との連携が進んでいます
 区が行う自然再生事業の「荒川調査隊」では20年度から、「垳川(がけがわ)調査隊」では21年度から、水辺の生き物観察や投網体験をサポートするボランティアとして、学生が特別参加してくれました。
また22年度は、山梨県上野原市にあるキャンパスで、足立区の小学校の体験学習を支援することが計画されています。
 更に、災害協定を締結し、地域の防災にも協力してもらう予定です。
 今後も、区内初の理系大学としての専門性が生かせる部門を中心に、区や地域との連携を深めていきます。


>>>こちらから「自由の広場」−パート6の案内チラシを見ることができます。 (pdf 299 Kb) (10/04/09 掲載)


「自由の広場 パート 5」
テーマ 「足立で老後をすこやかにすごすために」

 2009年5月17日の「あだちコミュニティ・フォーラム21」が主催した「自由の広場」パート5の つどいには39人が参加し、高齢者に必要な医療や介護の施設の状況や相談ごとが出てきたらどうするかなど 切実な質問や意見が交流されました。

写真をクリックすると「自由の広場」−パート5の報告が見ることができます







介護保険制度が平成21年4月より改定された。
「自由の広場 パート 5」へのご案内


テーマ 「足立で老後をすこやかにすごすために」

日時:2009年 5月17日 午後2時〜午後4時30分
場所:学びピア 5階 第一研修室


●医療のお話  長島 喜一さん(老人保健施設・千寿の郷 施設長)
●介護のお話  小高 義顕さん(地域包括支援センター千住西・管理者)
 
 2001年(平成12年4月)から介護の制度が国の措置制度から介護保険制度に変わりました。
それまでの国や地方自治体の責任として介護の必要な人を措置する措置制度から、介護に必要なお金を国及び自治体と 国民が保険料を納めて賄い、介護の必要度は国が定めた判定によって決める制度にしました。

 介護保険制度は、将来にわたり安定的に運営するために3年ごとに見直すことになりました。
これまでの見直しでは若干の利用者の声は反映されましたが、安定運営の名の下に保険料が値上げされてきました。
 今回の見直しでは、介護の度合いを判定する基準が見直され、これまでの介護度が1〜2ランク下がりこれまでと同じ介護サービスが受けられなくなるという心配が生まれ、国会でも問題になりました。

 今回の「自由の広場」は、足立区の担当者や現場の専門家をまねいて、住みなれた足立で老後をすこやかに過ごせるのか、問題点はなんなのかなど参加者の声をぶっつけたつどいにしたいと思います。
 ぜひ、多くの方が参加していただけるようお待ちしております。
>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 196 Kb) (09/ 4/25 掲載)


足立区劇場経営撤退へ ・・・ 検討部会が結論「3セク解散、民間運営に」

足立区立劇場「シアター1010」を運営する区の第3セクター「足立コミュニティ・アーツ(ACA)」の見直しを議論してきた区公共サービス 改革等推進委員会の検討部会は、「区は経営から撤退すべきだ」とする結論をまとめた。
ACAは同区が過半数の株を保有しており、区が撤退方針を固めたことで、ACAが解散する可能性が強まった。

>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 9 Kb) (08/07/31 掲載)


来年4月から 高齢者の医療が大きく変わります
「自由の広場 パートW」へのご案内


日時:2007年12月1日 午後2時〜午後4時30分
場所:学びピア 5階会議室


「来年4月から「後期高齢者医療制度」がはじまります。
これまでの区民にとっても、特に高齢者にとっては全く新しい制度で、これまで家族の健康保険の扶養家族になっていたものが
75歳以上を切り離し新たに保険料を徴収するという乱暴な制度です。
また、65歳以上の方も各保険制度の保険料を年金から天引き徴収を始めます。
さらにこれまで自治体が行ってきた健康診断を廃止して、各保険者が健診を行うということです。

足立区の担当課長や専門家をまねいてお話を聞く広場を設けました。
 ぜひ、多くの方が参加していただけるようお待ちしております。
>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 299 Kb) (07/11/15 掲載)


足立区文化芸術劇場「シアター1010」の運営・利用の改善問題について
足立区役所から回等がありました。

「シアター1010」の運営問題について、区内文化芸術関係者や区民と懇談を重ね、公共施設としての今後の在り方について、去る2月13日に 、足立区長に要望書を提出いたしました。
そして3月16日に、政策経営部区民の声相談課長名によるご回等がありました。
 このたび、区内各団体様に質問及び回答を併記した形で報告書を送らせていただきました。
同じものを当ホームページに於いて公開します。ご意見をお願いします

>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 624 Kb) (07/07/02 掲載)

足立区文化芸術劇場「シアター1010」の運営・利用の改善問題について
「シアター1010」の運営問題について、区民各層から改善を求める声が種々上がっています。
 当「あだちコミュニティ・フォーラム21」としても、このたび、別紙のような要請書をまとめて、
2007年2月13日に足立区長へ提出いたしました。

>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 237 Kb) (070213 掲載)

「自由の広場 パートV」が開かれ「シアター1010」の疑惑を告発!
区民の声が大きな力となり、ついに取締役の総辞職が報告されました

>>>詳しくはこちらからご覧頂けます。 (060703 掲載)

健全化へ区が経営権  株57%取得 取締役 全員交代へ! 赤字のシアター1010
”お目付け役" 副参事派遣も
>>>読売060617付け 詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 64 Kb) (060623掲載)
>>>赤旗060618付け 詳しくはこちらからご覧頂けます。 (pdf 155 Kb) (060623掲載)

■これでは回答になっていません!
■あだちコミュニティ・フォーラム21は、足立区文化芸術劇場(シアター1010)の運営に関する質問書を足立区長に提出していましたが、このたび回答がきました。(2006年 4月19日)。
>>>足立区長からの回答書の詳細はこちらでご覧頂けます。 (pdf 725 Kb)

鈴木区長への公開質問書(2006年1月31日)
>>>公開質問書の全文はこちらでご覧頂けます(pdf 227 Kb)
シアター1010の運営に関する質問書 
T ”暗幕”経営で税金のムダ使いといわれていますが、混乱の原因はどこにあると思われますか。
U 非効率な赤字経営の現状をこのまま放置されるのですか。
V 非民主的なワンマン経営の実態をどう考えですか。
W 古庄社長は、約1億円の区への返還金はすぐに払えないといっていますが、区はどうするのですか。
X 協定書にない事務手数料支出を認めた足立区監査委員の判断に、区民が納得すると思われますか。
Y 区民本位の活用問題について

■「鈴木区長への公開質問書」を、足立区内の町会、自治会、諸団体などへ送付し、ご検討や普及などをお願いしました(2006年2月10日)。
>>>「公正な区政運営を求めるためのご協力をお願いします」の全文はこちらでご覧頂けます。

■あだちコミュニティ・フォーラム21は、足立区文化芸術劇場(シアター1010)への不当な公金支出をなくすため、住民監査請求を提出しました(2005年11月10日)。
>>>教育委員会への監査請求の全文はこちらでご覧頂けます。 (pdf 103 Kb)

■足立区文化芸術劇場(シアター1010)をめぐる問題について、マスコミ各社の報道記事
*『読売新聞』2006年1月31日付  「民なら黒字」甘かった ”見切り発車”逆に負担増『足立区文化芸術劇場(シアター1010)』・・・指定管理者制度
>>>記事全文はこちらでご覧頂けます(pdf 131 Kb)。

*『しんぶん赤旗』2005年12月20日付 足立区文化芸術劇場(シアター1010) 委託先へ違法な公金支出 住民監査請求で報告集会(あだちコミュニティ・フォーラム21)
>>>記事全文はこちらでご覧頂けます(pdf 87 Kb)。


■おしゃべり掲示板
*初めての方は、こちらで「ルール」をお読み下さい
*「ルール」をご承知の方は、こちらから直通して下さい
■リンク集(お役立ちのサイトやHPを紹介します) >>こちらから
【スタッフ関連サイト】リンク集に東京勤労者演劇協議会(東京労演)を新設しました(06/4/11)。
【「荒川土手に千本の桜を」キャンペーン関係】リンク集を新設しました(02/2/7)。
*足立区役所跡地利用を考える会を掲載しました(03/12/11)。
*「多摩桜百年物語」をリンクしました(04/6/17)。

呼びかけ人(あいうえお順)

会社経営 相原 宏 (中川) 雨宮医院院長 雨宮 延幸 (柳原)
東善寺住職 石川 徳信 (花畑) 新田中学PTA前会長   石川 広正 (新田)
生花店ハナトメ   薄倉 幹雄 (千住) 内装業 大橋 清美 (中川)
元商店主 大野 隆志 (千住) 経営コンサルタント 西村 公弘 (西保木間)

●連絡先 〒120-0034 東京都足立区千住3−10 旧マスミ・カメラ店内(事務所の地図はこちら
●電話・FAX 03-3881-2587


Copyright (C) 2002-2006 Adachi Community Forum 21. All Rights Reserved.